新宿、四谷、麹町エリアの形成外科・美容外科、美容皮膚科、美容婦人科
S.T style クリニック

目もと・クマの治療

  •  > 
  • 目もと・クマの治療

目もと・クマの治療

お悩みの方へ

当院の目もと・クマの治療は、患者様のご希望を伺った上で状態を診察し、術後の仕上がりが不自然にならないような施術をご提案します。
例えば、目の下のたるみが原因でクマが起こっている場合、皮下脂肪を取り除くことで改善しますが脂肪を取り過ぎると凹みになったり、加齢とともにしわができやすくなってしまいます。そのため、現時点のことだけではなく、数年後の状態も想定した上で施術をご提案します。

また、一つの施術だけで改善するのではなく、複数の施術を組み合わせることでより自然に仕上がる場合があります。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

治療の流れ

  1. 診察

    お悩みとご希望をじっくりと伺います。患者様の状態を診察し丁寧に説明し治療方法をご提案します。
    不安が残る場合はご相談ください。

  2. 麻酔

    局所麻酔を使用します。

  3. 施術

    周囲から自然にみられるように、患者様の皮膚の厚さ、脂肪の量や腱の強さなどを一つ一つ確認しながら手術を丁寧に進めます。お痛みを軽減し腫れを最小に抑えるようにしています。
    終了後、患部を冷やしてからお帰りいただきます。術後は、施術患部を刺激しないように大切にしてお過ごしください。

  4. 抜糸

    手術によっては、術後1週間程度で抜糸を行います。

二重

二重の手術とは上まぶたを二重にする整形手術のことです。症状やご希望によって、メスを使用しない施術や、しっかりとお悩みの解消を図る手術などの治療法を選択します。
比較的単純な手術ではありますが、お顔の印象を左右するパーツのため、患者さまが理想とする仕上がりに近づけるためには、医師と患者さまがイメージを共有することが大切です。

そのために、カウンセリングでご希望を伺ったのち、「ブジー」と呼ばれる二重を簡易に作ることのできる器具で事前にシミュレーションを行い、仕上がりイメージの確認を行います。

埋没法

二重の手術で、最も行われている施術です。上まぶたを切開せず、小さな針穴から専用の医療用糸を通して、二重のラインを形成します。
埋没法は糸が外れやすいという欠点がありますが、当クリニックでは外れにくい方法で固定を行います。
個人差はありますが、術後の腫れも少なく、傷もほとんどわからない仕上がりとなります。

当クリニック独自の手技「エターナルメソッド」は、小切開法とほぼ同じ固定力があり、腫れづらい施術法です。後戻りしやすい患者さまは2㎜の切開線から脂肪を取ることも可能です。傷跡は埋没法とほぼ同じです。

埋没法

リスクとダウンタイム ※個人差があります

  • 腫脹、内出血、糸刺入部の陥凹
  • 内出血した際は、消失するまで1~2週間程度かかる場合があります。
  • 翌日にはメイクで隠せる程度です。
  • 刺入部の陥凹は、時間の経過とともになじんで目立たなくなります。

切開法

上まぶたに脂肪が多い、皮膚が余っている、埋没法では取れるのが心配と言った方に適した施術です。同時に過剰な脂肪や皮膚なども切除し、すっきりとした目に整えることができます。埋没法とは異なり、糸が外れ後戻りが心配な患者さまに適しています。
眼瞼下垂の改善や、目をパッチリとしたいといったご希望がある場合にも、同時に手術を行うことができます。

部分切開法

切開法より短い切開で、二重を形成します。切開法よりも腫れが少なく、埋没法よりも二重の糸が外れにくいという特徴があります。
同時に過剰な脂肪も切除することができます。

目の形

目頭切開

目頭切開をご希望される患者さまの多くは、目頭側に蒙古襞(もうこひだ)という余剰皮膚があります。
この皮膚を切除したり、移動することで目頭の位置を変え、横方向に目を大きく見せたり、並行型の二重にする治療です。また、余分な蒙古襞を切除することで大人っぽいシャープな印象になります。
当クリニックではZ法・内田法の二つの手術法を、患者さまの状態や希望によって使い分けます。

目頭切開

リスクとダウンタイム ※個人差があります

  • 腫脹、内出血、傷跡、左右差
  • 内出血した際は、消失するまで1週間程度かかる場合があります。
  • 多くの場合、抜糸後よりメイクが可能です。
  • 傷跡は、1ヶ月程度、赤みを帯びることがあります。

目尻切開

目尻側を切開し、結膜や皮膚を処理して縫合することで目尻が外側に寄せる治療です。目を大きく見せ、シャープな印象を与えることができます。
グラマラスライン形成と合わせて行いタレ目にすることで柔らかな印象となります。

グラマラスライン形成(タレ目形成)

目の中心より目尻側を下方向に広げることで、目を大きく見せたり、タレ目にする治療です。目尻切開のみでは切れ長な目になりますが、グラマラスライン形成を同時に行うことで、柔らかな優しい印象になります。
当クリニックでは、経皮・経結膜のどちらからでも手術することができます。

上まぶたのたるみ

上眼瞼たるみとり

原因別に手術方法が異なるため、患者さまのご希望に沿って手術方法を決定します。

眼瞼下垂(がんけんかすい)
保険診療有り(症状と術式によります)

まぶたを開ける筋肉には、上眼瞼挙筋とミュラー筋の二種類があります。
このうち、主に上眼瞼挙筋の力が弱くなることで「挙筋性の眼瞼下垂」がおきます。一方、加齢によって上まぶたの皮膚がかぶさることによって見えにくくなる状態を「皮膚性の眼瞼下垂」といいます。
挙筋性眼瞼下垂の原因は、先天的なものから、加齢で腱膜が弱くなってしまう、コンタクトレンズの長期使用や花粉症で目をこすることで、腱膜周囲に長期の炎症を起こし動きを悪くしてしまったといったなどの後天的なものまであります。
眼瞼下垂になると、額の筋肉(前頭筋)で目を開けるサポートをしようとするため、額のシワや肩こり、頭痛の原因となることがあります。

挙筋(ミューラー筋)短縮法

皮膚側から切開し、緩んで力が弱ってしまった腱膜を短縮して、目を開ける力を取り戻す方法です。重度の場合はミューラー筋にも同時に治療します。

眉毛下切開法(上眼瞼リフト)

皮膚の被さりが大きく、眉毛を上げる癖がある方におすすめです。
二重のラインで皮膚を取ってしまうことも可能ですが、多く取ってしまうと、縫い合わせる皮膚の厚みの違いで、かえって腫れぼったく見えてしまう場合があります。
眉毛下切開法を選択することで、自然な状態になることも少なくありません。適切かどうか、丁寧に診察いたします。

目の下のクマ・たるみ

目の下のクマは、下記のようなさまざまな原因で起こります。

  • 下まぶたにある脂肪が突出して膨らんでしまい、影を作ってしまう
  • 頬骨(目の下の骨)の骨格によるもの
  • 従来あった目の下の脂肪が下がる
  • 皮膚が薄く、皮膚の下の筋肉や血管が透けてしまう
  • シワによって影ができてしまう
  • 皮膚に色素沈着がおきる

当クリニックでは適切な診断を行い、治療法を決定します。

経結膜脱脂

皮膚に傷をつけずに、目の下の膨らみの原因となる眼窩脂肪を減らす手術です。結膜側に小さな切開を入れて脂肪を取るので、皮膚に傷がつくことはありません。個人差はありますが、腫れやダウンタイムが少ないことがメリットです。
脂肪の取りすぎや皮膚のたるみが多い方は、シワがひどくなることがあるので、適切な診断が重要です。

下眼瞼たるみとり

シワが多く、皮膚が過剰に余った状態では、経結膜脱脂の適応が難しくなります。
下眼瞼たるみとりは、睫毛のすぐ下から目尻にかけて、傷の目立ちにくい部分を切開して、余った皮膚を切除する治療です。皮膚がピンと張り、まぶたのたるみが除去されると同時にシワの改善も期待できます。
ダウンタイムが長いことが欠点ですが、根本的な治療ができる手術です。

ハムラ法

ハムラ法とは、下眼瞼たるみとりと下まぶたの突出した眼窩脂肪を移動し、クマの治療を行うとともに頬をふっくらさせる治療です。 過剰な眼窩脂肪も切除できます。下まぶたの脂肪の突出が大きく、シワが多く皮膚が過剰にたるんでいる方に適応となる手術法です。

目周りの手術は、これらの治療法を単独、または組み合わせて行うことで、高い効果を目指すことができます。

脂肪・ヒアルロン酸注入

20代までの多くの方は、頬にしっかり脂肪組織が存在しハリのある若々しい顔貌を保っていますが、加齢とともに徐々にその脂肪組織が下にさがり、目の下の頬のハリを失い、平たくなり老けた印象となります。さらにボリュームを失った頬は下まぶたとの段差が目立ってしまい、クマの原因にもなります。
脂肪注入は、太ももやお腹などから脂肪を採取し、針穴が細いカニューレという専用の針を用いて、脂肪を目の下に注入することでハリのある若々しい風貌を取り戻し、クマの改善を目指す治療です。
注入される脂肪は全て生着するわけではないため、注入時にはやや多めに注入することが多いですが、熟練した医師が患者さまと相談しながら適切な注入量を決めていきます。 
当クリニックでは、CRF(コンデンスリッチファット)にして脂肪の純度を高め、かつ生着率を妨げる不純物を取り除く処置も可能です。

手術が怖いという方にはヒアルロン酸注入がオススメです。当クリニックでは長期間(6ヶ月〜2年まで)吸収されにくい※ヒアルロン酸を使用いたします。
脂肪・ヒアルロン酸注入は、ダウンタイムが短く、侵襲の少ない方法です
※効果の持続・ダウンタイムには個人差があります。

涙袋形成

涙袋とは、笑った時にできる睫毛のすぐ下の膨らみです。これは眼輪筋という筋肉が盛り上がることで形成されます。涙袋を作ることで、女性らしい柔らかで愛らしい印象を与えます。
当クリニックでは、ヒアルロン酸もしくは脂肪を注入することで涙袋を形成します。

S.T style クリニック アクセスマップ

診療時間 10:00~19:00
休診日 木曜日
住所 〒102-0083
東京都千代田区麹町4-6-8 ダイニチ麹町ビル3階
TEL 03-6261-7405(予約制)
アクセス ● 電車でお越しの方

東京メトロ有楽町線「麹町駅」4番出口より徒歩3分
麹町1、2番出口ではエレベーターをご利用頂けます

JR、東京メトロ丸の内線、南北線「四ッ谷駅」麹町口より徒歩6分